スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連合に移住して2~3週間ほどかな?

ごきげんよぉ!



UM所属の新人「怒るなよ、セニョ~る」でございます♪







ここ最近はニコ動などにてアニメ関係の動画を見るのにハマってます。。


 



面白い、面白くないと称されるコミックやドラマ、アニメや映画など

とりあえず、話題となったタイトルの提供やディスプレイなども仕事の内で、

仕事仲間とそういう話し合いをする事も多い。。。。








「カイジ」に「鋼の錬金術師」や

「とある魔術の禁書目録」「とある科学の超電磁砲」というメジャー級タイトルを

知ったのもこの仕事に就いてからで中学を卒業すると同時に

コミックやアニメについての興味はほとんど無くなってしまった。。。






だが、仕事の一部になっている上、従業員同士の話題も非常に多く、

嫌でも興味を持たないといけない環境の為もあるが、

マンガ好き、アニメ好きの兆候が復活しております♪







そして、最近ハマっているのが「涼宮ハルヒの憂鬱」で、

4~5年前のコミックやアニメに今更ながら着目するという状況。。。









肯定、否定はどうあれ多くの人の話題に上るタイトルだけあって面白い♪





そーいう訳で、涼宮ハルヒの憂鬱でメインヒロインを凌駕する存在であらせられる

情報統合思念体(宇宙人)によって造られた

「対有機生命体コンタクト用ヒューマノイドインターフェイス」という

【ながもん】さんのたまに発する早口言葉を解析した物好きさんが作った動画を紹介w














世間知らずなわたくしですが、

「対有機生命体コンタクト用ヒューマノイドインターフェイス」

、、、なんて単語を覚えてしまったからにはアニメオタクの称号を

僭越ながら名乗ってもいい頃合だと思われますw



 
 
 
 
 
 
 
 
 


閑話休題。。。。










連合のUMに所属して3週間ほど経ちましょうか、、、









クラメンと楽しく活動しつつ、狩りやPKにも参加する機会も増え、

ジークで3回、廃都数回、ゼロット2回、攻城戦1回と

休業期間をフルに活かしてUMの皆様及び、

連合の皆様とパンドラ活動を行っております。。。




 
 
 
 
  
 
 
この3週間ばかりで、そこそこ連合の良さや悪さ、

対人戦やら戦争の傾向など吸収していく事に必死でございます♪






環境としましても、UMクラメンとのスカイプ参加、

ジークでの石防衛や指揮官を行ったゾロ様との対談など、

連合をどのようにしたら強国へと発展させれるか考える日々で御座います。。。
 
 
 
 
 
 
  
 
 

連合における戦力は、他の2国に比べると劣ると言わざるを得ない状況は明白で、

アルシュタートさんワンポさん方、連合の中枢とも言える方々の危惧している通り、

様々な場面において正念場の崖っぷちという状態です。。。









さて、、、、






とりあえず、思うさま連合が強くなるに必要な改善案を瑣末ながら書き連ねてみます。。。








●指揮官の必要性とクラン連携


●戦争における勝つ為のシステム作り(準備)


●連合に属する人全ての意識改革と自主性






大まかに書くとこんな所でしょうか。。。。








とりあえず、パンドラにおける最大コンテンツの一つである戦争で考えていきます。。。









パンドラプレイにおいて、戦争は全て王国でやってきたものですから、

似ている部分もあれば全く違う部分もあって、色々と楽しんでおります♪







でも、楽しむ為にはやっぱり勝ちたいので、

とりあえず、自分が思う事を書き連ねていきます。。。










●指揮官の必要性とクラン連携






現在、連合には指揮官が必要不可欠な状況です。。。

最大理由は「戦争参加の人数」で、王国や帝国と比較すると

やはり少ないと言わざるを得ません、、





当然、少ない戦力を集結させて連合の戦力を最大限に引き出しても、

他国本隊規模とぶつかると押し勝つのは5分以下です。。。





ジークにしろ、廃都にしろ押し負けると部隊四散の上に

集まるのもタイムラグが発生し行動の練り直しが必要になります。。

キルポイントも取られてしまい、全滅は百害あって一利無し。。。








必然的に、少ない連合の戦力を最大限に引き上げるには

「まとまって行動」しか無いわけで、まとめる為の指揮官は絶対に必要であり、

指揮官不在の際は各クランの連携と協力が必要となります。。。







昨日の連合指揮官であるゾロさんとお話ししましたが、

戦争参戦と勝利条件が必要な人数は今がギリギリの状態と言っても良いでしょう。。






連合各クランのPT編成は1PT程度で、

現在の連合には2PTを作れるクランは無く、

その1PTでもクレがいない、ジェネがいないなどの状況もあり、

昨夜のジークもいいところ7~8PTいれば良い方と思われます。。。。





数えた訳ではないですが、おそらく王国や帝国は10~12PTはいると思われ、

現在の連合の状況を考えると、指揮官号令の元で団結して行動しないと、

戦争は常に不利な状況となると言えます。。。









連合が行うガードタワー(以下GT)を落とす際「半時計周り」で落としていくというのも、

最大限の火力で落とすと同時に敵防衛と戦闘でのバラつきを防ぎ、

一個団体で相手を撃退するという少数部隊における苦肉の策と言えます。。。






王国にいたときは、GTの落とす順番など考えもしませんでしたが、

これは王国クランの連携が取れているからとも思われますが、極端な話し


GTが4本ある状況で、互いが勝手に叩きに行くと

一時的ではあるが戦力が4分割になる
というわけで、


ジークにおいては重要拠点の石管理やすぐに本隊規模が戻ってくる事を考えると、

戦力を集結せざるを得ないという考えの下に考案された戦術でしょう。。。







ジーク時、GTを殴る際に指揮官or副指揮官の

「敵部隊襲来に備えて、集合してGTを叩く!」

などの一言があれば敵部隊への応戦も少しは粘れると考えます。。








重要拠点を殴れば、絶対に本体規模に近い防衛がやってくるのは間違いないわけで。。。








戦争における最大の仕事は「まとまる」事で、

連合民全員が指揮官の指示を見て、クラン毎やPT規模でまとまり行動しなければ、

帝国や王国に勝つ事は非常に難しいという事です。。。












●戦争における勝つ為のシステム作り(準備)









連合は一時、クワトロ=バジーナ氏による帝国からの移住で、

卓越した指揮能力と戦争での動き方による考えが広まり、

戦争に勝つ機会も増え、戦争参加人数=戦力を増やしていった。。。










しかし、結果だけを考えるとそこまでだった、、、








クワトロ氏は戦争指揮者を育成する事には成功したものの、

勝つ為ののシステム(準備)までは構築出来なかったと言えます。。。







テレジア氏、ワイルドエマ氏、調理主任氏、

クレハ氏、ラフィーナ氏、アルシュタート氏などなど、、、








上記の方々による戦争における前段階の下準備は行われていたものの、

呼びかけや働きかけを毎回行い、反省会を行い、全員の不満を吸い上げて次に繋げる。。









その労力を無償で行うとなると当然、負担である。。。










指揮官の有無に関わらず戦争に勝つ為のシステム作り(準備)は

必要不可欠で、これを行わないと上記の負担が非常に大きいものとなります。。。









戦争方針、斥候の有無、部隊編成、

エクソやコンジュの有無、石管理による防衛員の呼びかけ、

そして部隊をまとめる人材がいない。。。





または、呼びかけなどサポートする人材がいない。。。








これらに対して万全の準備を行っている帝国や王国に、

戦力的に劣っている連合が挑んでも結果は火を見るより明らかという事です。。。









しかし繰り返しますが指導者や指揮官、

副指揮官は負担以外の何物でもありません。。。










連合の各指揮官や連合の中枢やクラマスは、

現在、絶賛お疲れ中とも言える状態です。。。w









連合は今、「まとまっての行動」の為に指揮官が必要ですが、

やはり負担軽減の為にもクラン連携に移行出来るようにしていきたいところ。。。









王国が行っている戦争のシステムでは、

指揮官の不在時でもクランごとの部隊がまとまり、

また、指揮官や副指揮官がいる状況でも彼らを助けてPTごとに動けるものです。。。









やはり、指揮官に頼りっぱなしでは負担になり立候補が無くなると感じます。。。









UMに関しても、クラン指揮はクラマスのデュラン様に頼りっぱなしの状態の為、

指揮をサポートするor彼の不在時でもUMはクランとしての戦争行動を確立出来るように、

セニョ自身、もしくは全員が指揮に携えられる状態を築く必要性もあります、、、








話しを王国に戻しますが、王国は指揮官不在時にも、

各クランのクラマスや指揮サポート者による会議エッグで、

帝国方面や連合方面に向かうクランや部隊編成、

戦争の方針や斥候、コンジュやエクソの有無が話し合われ、

石管理の防衛員が決められ、戦争開始後は各個人のシャウトで部隊をまとめる。。。







指揮官の負担も軽く済み、

指揮官不在時でもまとまるシステムを王国は構築している、、、









ジークにしろ、廃都にしろ連合は指揮官不在の場合、

戦争方針に斥候や石管理、部隊編成にコンジュの有無などなど。。。

味方の情報から不足しており、これもクラン毎の連携として必要な物と考えます。。






しかし、王国もこのシステムを構築するまでは長い時間と

多くの人の協力が必要だった訳で今の連合にて、これら全てを行うと

必ず不満や負担になるのは眼に見えている為、まずはクラン毎の連携にて

徐々にシステム構築を行っていく体制を作る。。。








このシステム作りが非常に骨が折れそうな予感がします、、、









連合のブロガーさんを初め、クラメンの話しによると、連合は「自由の国」であり、

「他社に負担や強制を行わない」というのが前提にあるので、

毎戦争時に負担を分担するこのシステムを受け入れる人は少ないのではないか??






かと言って、指揮官にだけ負担を押し付けている今の状態は良くない訳で。。。







次に、連合民の意識改革へと話しを繋げます。。。









●連合に属する人全ての意識改革と自主性





つい先日、連合のゼロットの弱さにおける話し合いが行われました。。。





その話し合いでも引き合いに出されるのは、

連合に属する人の意識改革という事ではないでしょうか。。。







問題点としてあげられるのは、




・協力者が少ない事




 ジーク時の斥候、コンジュ、部隊をまとめる人がいない、

 ゼロットのタゲ取り、釣りなどなど。。。


 
 
 話し合いの機会が設けら、協力者を呼び掛けてるのは非常に良い兆候と思われます。。




 セニョ自身もですが、連合中枢の方達だけでなく全員での協力体制や話し合いの下で

 負担軽減や戦争方針、新たなアイディアの発掘などが産まれると思います。。
 







・部隊がまとまらない現象、指揮無視による個人の行動





 王国時代、5-2だけではなく各クランの戦争PTに参加させて頂きましたが、

 PTのほぼ全員が復唱を行っておりました。。。

 8人PTがいたら、8人が全員とも座標やクラン行動を復唱し、まとまって行動する。。。



 5-2を初め、世紀末少年、王国の騎士団、のらぬこ団、StaCationなどなど、、、

 これはセニョが参加させて頂いたクランだが、必ず復唱を行っておりました。。。



 
 



 おそらく、王国は全てのPTにおいて全員による復唱を義務付けていると考えられます。。







 スカイプの有る無しに関わらず、復唱を行わないと

 追撃による部隊の拡散となってしまい、戦力の少ない連合にとって命取りです。。






 
 戦争エッグでも、「まとまる為」に復唱の重要性があげられたが、

 ここでも連合の自由が適用されるのか「復唱出来る人は復唱して下さい」と聞いて、

 内心驚いたというのが正直な感想です、、、、


 



 座標や行動の復唱は行って当たり前のものだからだ、、、 




 
 UMだけでは無く、外部PTに参加させて頂いたが復唱を徹底している所は少ない。。。

 そして、チャットによる復唱を行わない者は必ず別行動を行っているし、

 敵部隊との大規模戦闘での追い討ちで離れ離れになるパターンが非常に多い、、、


 



 セニョ自身も、チャットで復唱を行っていないときはPTから離れている事も多く、

 チャットを打ち込む事により、頭を切り替えてPT行動を行えております。。。





 
 
 全滅しやすい連合にとって全体行動は徹底して行うべきで、

 PT全員が復唱を行うのは必須だと考えます。。。

 







・連合の意識について。



 
 前衛が前に出ない。。。これも非常に重要ですが、

 先日、ゾロ様にお話しした帝国への攻めにくい意識について書きます。。。





 


 
最近の帝国は強く、特にジークは一強とも言える状態です。。。






 
この帝国の強さはどこからくるものでしょうか??



 

 

これまでの説明から、連合と帝国の戦力に開きがあると考えますが、

王国所属だった自分としては戦力や戦争システムでは王国も帝国に引けをとらない。。

 
 
 
 
 
 
にも関わらず、最近は帝国の独走とも言える状況です。。。










帝国にあって、王国にないものはなんでしょうか、、、、











先週のジークで疑問に思い、今回で確信したのが

 
 
鉄壁の本陣防衛が要因ではないか??とゾロ様にお伝えしました。。







帝国の本陣防衛は、ジェネがズラリと扉にてブロッキングを行い、

マゴの放流や即座に防衛部隊が戻ってくるなど、非常に防御が高いです。。。

 






本陣落としを繰り返す連合のキルポイントで、

帝国は重要拠点以上にポイントリードを行う。。。




 
 
 
 
 
 
それに比べると、王国の扉はジェネが2~3人程度で、
 
戻りも遅いと連合に所属してみると感じます。。。

 
 
 
 
 
 
 
現在の連合の戦力や体制では、


本陣落としでしか勝つ見込みがない為、どうしても落としやすい王国へと


部隊を進めてしまう、、、そういうパターンの元、帝国の一強時代が確立されております。。











当然、扉が開けば王国は本陣防衛に戦力を集中させざるを得ないし、

連合としても王国を落とせば逆転の目がある。。。。と考えてしまいます






王国としても連合落としの逆転勝利を狙い結果、連合と王国の足の引っ張り合い。。









三国戦争にも関わらず、帝国一強時代が築かれている。。。












帝国本陣のキルポイントリードと

王国へと部隊を向けやすくする帝国の作戦










この事に何人が気付いてるでしょうか??








何の疑念も抱かず、攻めやすい王国へと攻撃を繰り返す。。。







これが連合の意識でもあると感じます、、、







ゾロ様にこの事をお話しし、次回の戦争ではいささか帝国へのプレッシャーを強める事が

現状を打開する事に繋がるのでは??と報告しております。。。









現在の連合の戦力では、あくまで帝国と王国が潰し合い、

その隙を突くことでしか勝てない状況です。。。






連合もあくまでポイントリードや、

帝国のポイントを伸ばさないように行っていくべきですが、
 
そうすると王国がポイントを伸ばし、帝国も連合へのプレッシャーを強めるでしょう。。








戦力に開きがある為、非常に難しい戦局だと思われます。。。







しかし、今現在の連合で勝っていく為には、

帝国と王国のポイントを伸ばさない事が最優先であり、

ある程度の他国の動きを予測した重要拠点への波状攻撃が必要かと考えます。。









あまりにも長くなってしまった為、
 
まとめきれてない部分もありますし、セニョ個人の考えなので

連合に合わない部分も多くあると思います。。。

 
 
 
 
 
王国の移住者として感じた事をまとめましたが、
 
今後も連合が強くなる方法や改善案、自分の出来る事を率先して行い、

本当の意味で連合の一員となっていきたいと考えております。。。



  

コメントの投稿

非公開コメント

>マリィさま


正に、国に歴史有りというか。。。
背景には「必要」と全員が感じた事で決まっていくんですよね。。(^^;

連合に籍を置きつつも、最近は良い流れが出来ておりますので、
これをきっかけに結果へと繋がれるよう尽力します♪


ところで、マリィさんが怒られるなんて想像がつかんとですw
そんな風に全く見えないゆえ、、、

ジークで帝国が攻めずらいのはコンジュの早期ワープ取得と塔監視要員配置、的確な規模の報告shoutからの本隊ワープ応戦の連携、ワープのディレイ短縮に努める青歌、集合意識etc。。。

これ全部個人が協力する意識をもってはじめて成せる連携だから、個人からPT行動、PT行動から本隊行動、本隊行動から次の予測行動に昇華する基本部分の個人の意識が最重要だよね。誰でもいいから声だしていけばいいことだけど、帝国も時間かかって今がある気がするよー

ってよく怒られる私が言っても説得力ないけどねwあはw

>ワンポ様

あまりにも長いです><
呼んで頂いてありがとうございます♪
これから宜しくお願い致します!


>匿名様

アドバイスありがとうございます♪

そうですね、、、重要拠点を攻める際に、
応戦か撤退か、、、を絶対に部隊へ伝えておく。。。

今の状況では応戦すると全滅し、カモにされる可能性も高いですが、
ワープで撤退を行いキルポイントを伸ばさないようにするのも大事ですね♪

いずれは、他国との大規模戦闘に押し勝てるようになりたいです!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

続編wktk

ゲーム内ではまだ絡みはありませんが、これからもがんばりましょう
プロフィール

怒るなよ、セニョ~る♪

Author:怒るなよ、セニョ~る♪
「(C)2006-2009 GR・GDH/イズミプロジェクトオンラインゲーム『パンドラサーガ』の画像・テキスト等のすべては株式会社ゴンゾロッソ及び有限会社イズミプロジェクトの著作物であり、著作権その他の権利を侵害する行為は禁止されています」「転載・再配布等の再利用を禁止します」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。