スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャガーノートの技能♪

こんちゃ♪
 
パンドラを愛するせにょ~るでございます♪
 
 
 
同じくらいジャガーノートを愛しておりますw
 
 
今回は技能についてお話し致します♪
 
 
 
 
 
 
 
言うまでもなく、技能やスキルはアップデートしだいで状況が変わります。。。
 
 
 

 
 
そして、ジャガーノートのアップデートで変更になった代表例が「両手剣ハッシュ」
 
 
 
 


 
それまで片手剣でしか使えなかったハッシュが両手剣でも出来るようになり、
 
斧ジャガしかいなかったはずが、現在は剣ジャガが大量生産されることに。。。w
 
 
 


 
もちろん、自分もその一人なわけです、、、(^^;
 
 
 
 

 
 
 
今までもブログに書いて参りましたが、両手剣ハッシュは強い!!
 
 
 
 
 


 
3回斬りつける為、総合的なダメージは斧を上回り、
 
魂や武器の効果も3回乗る。。。。
 
おまけにハッシュの効果である出血の可能性もある、、、
 
 
 


 
 
例えば、ハウリングソード(転倒効果9%)に気絶や眠りの魂(4%)を入れてハッシュすると、
 
3回判定になるわけだから27%の転倒効果に12%の気絶や眠りの判定が期待できるw
 
おまけに出血の効果もつくわけで。。。
 


 
 
 
 
何よりも、ディレイの速さと消費マナの少なさ、、、、
 
マナが少ないジャガーノートにとって使い勝手が非常に良いスキルです。。。
 
 

 
 
 


斧ジャガのフェイタルは威力と高確率のクリティカル+気絶が付くものの、
 
ディレイが長い上にマナ消費も大きく、連発出来ない。。。
 

おまけに外すと大きな反動ダメージと自分が気絶になるという、、、、(^-^;
 
 
 




 
筋力MAXと体力にステータスの多くを振る事を考えると命中はそれほど高くならず、
 
非常に使い勝手も難しい&総合ダメージもハッシュに劣るという現在の斧ジャガ。。。
 

 


 
 
 
 
それを踏まえた上で剣ジャガが初級者、上級者問わず使いやすいと考えます、、、
 
 
 
 
 
スキルは斬る90、防御21、回避8。。。。
 
 
 


 
 
斬る71にして、ハッシュを必ず取っておくこと。。。
 
そして、斬る61で覚えるソードマスタリーは斬る熟練が高ければ高いほど、
 
スキルの威力が増す、、、、これがハッシュがフェイタルを超えるダメージになる理由w
 
 
 
 
 
斬るは80以上にすると攻撃力が飛躍的に上がります♪
 
 
 
 
 
そして、防御21に上げてパラペットは必須!
 
 
 
クリティカルは防御無視の必中大ダメージ、、、、
 
しかも、虹武器が主流となっている昨今、パラペが無いと殴り合いにまず勝てないw
 
 
 
 
 
回避8は言うまでも無くダッシュが必要♪
 
 
 
攻め逃げの両方に使えるスキルで絶対に取得!
 
 
 
 
 
 
攻撃力重視なら、斬る90が一番良い♪
 
 
 
 
 
他にも、斬る83にして突く35にしてウェポンスタッブで、

騎乗職に対し落馬効果をハッシュに付与する事にしても良し♪
 
 
 
 
 
斬る90、防御31にしてシールドタックルを取り、
 
相手を転倒させ、背後に回りこむスキルを覚えるも良し♪
 
 
 
 
 
斬る熟練を選ぶと技能の選択の幅が広くなり、

様々なスキルを取る事が可能になるのも利点です。。。
 
 
 
 
これはほんの基本なので、様々な使いやすいスキルを自分で選び、
 
戦闘に役立てましょう♪
 
 
 


次回はさらに細かい場面の使えるスキルやスキルコンボの使い方。。。
 
 
さらに、強いあの人はこのようなスキルコンボを使い他プレーヤーを圧倒している、、
 
 
これらを細かく書いていきます♪
 
 

 
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

怒るなよ、セニョ~る♪

Author:怒るなよ、セニョ~る♪
「(C)2006-2009 GR・GDH/イズミプロジェクトオンラインゲーム『パンドラサーガ』の画像・テキスト等のすべては株式会社ゴンゾロッソ及び有限会社イズミプロジェクトの著作物であり、著作権その他の権利を侵害する行為は禁止されています」「転載・再配布等の再利用を禁止します」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。