スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5-2、新たなステップのために我思ふ。。。

やっほーー♪ 
 
鋼の錬金術師を読みながら、何となくブログ書いてます^^
あなたのせにょでございます♪
 

 
今更、ハガレンかよっ!??
 
そんなご意見が聞こえてきて。。。
 
基本的に好きな物、好きな事はとことんやり尽くす!
 
 
 
 


ハガレンは死ぬまで数十回はループして読み直しますなw
 
 
 
 
 
 
さて、、、、 
 
 
本日のブログタイトルは、次のセリフから入っていこうか♪
 
 
 
 
 
 
 
 
俺はこんなんじゃ、ダメだ・・・
 
 
 
青キジに負けたときにそう思ったんだ・・・
 
 
 
仲間を守るためには力がいる!
 
 
 
 
 
 
ぁい、、、、ギアをセカンドに入れて、課金しに行きましたよ!??
 
 
 
 
キャンペーンがラストなので、トンカチ買って更なる高みを目指すためにね!
 
 
 
 
結果は全部一発燃えで更なる高みどころか、現状維持ですよ。。。。ちくしょう!!w
 
 
 
 
 
 

 
せいぜい、炎槍が1段階アップしたくらいで、
 
クラメンに借りたトンケチ(トンカチ)をメンテ終わったら2秒で返却しねーーとな!
 
 
 



 
 
 
 

そんなこんなで、個人の力には限界を感じたゆえに、
 
話しをもうちょっと大きくしてクラン全体の戦力の底上げを考えてみました♪
 
 



 
 
 
 
 
ぶっちゃけ、仕事中にずーーーーーっと考えてたwww
 
 
 
 
 
 
 
 
何か、心の中にあったモヤモヤした違和感があったが、
 
その正体を掴めずに強さを求めて、ひたすら鍛錬して、色々なキャラを育成、
 
使用してはキャラ特性を知り、それを狩りや対人にて活かし学んでいく。。。
 
 
 
 
 
 
強さを追い求めて、気が付けば今の状態へ辿り着いた、、、
 
 
 
 
 
 
せにょは強いのか?
 
 
5-2は強いのか? 
 
 
1VS1で力を発揮するのか? 
 
 
集団戦ならどうなのか??
 
 
未開戦ではどうか?
 
 
戦争では?
 
 
演習では??
 
 
 
 
 
 
もちろん、パンドラ世界における強さの定義は難しい。。。
 
 
 
 
 
 
職業に寄るところも大きく、装備に寄るところも大きい、
 
 
戦いの立ち回りや操作も重要なファクター、、、、
 
 
1VS1でも集団戦でもどんな状況でも強い力を発揮したい!
 
 
 
 
 
 


 
詰まる所、せにょの究極的な野望の終着点でもあり、
 
 
おそらくは、パンドラに身を置いている者全ての方々が大なり小なり
 
 
思い描く憧れだと思います。。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その結果がPJCとなり、両鯖でIAの皆様が最強クランと実証された。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
バル鯖に身を置くなら、IAの強さはすぐに分かる、、、
 
 
 
 
 
 
 
さらに、幼馴染の皆様、楽々飯店の皆様、テンダーの皆様、DBの皆様、、、、、、
 
(順序やら優劣は一切関係ないことをお断りしておきますww)

 
 
 
 
 
 
 
 
最強の座はIAが実証したものの、 
 
それを追うクランも皆、強力な実力者を備えている。。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
では、、、、5-2はどうなのか??
 
 
 
 
 
 
 
 
戦争という戦略的な分野では、
 
5-2クランは指揮官を2名出せるのだが、戦術的な部分ではどうか。。。。??
 
 

 
 
 
 
 
すなわち、未開戦だったり、演習だったり、戦争でのPT単位の行動だったり。。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
そういった戦術的な部分では1歩も2歩も他クランに遅れを取っている、、、、
 
 

 
 
 


早い話しが、経験不足ゆえに狩りと同じ立ち回りと自己分析、、、(^^;


 
 

 
 
 
 
 
 
この間の未開戦にて、胸にあったモヤモヤが確信の段階まで膨れ、
 
 
 
PT単位での戦術の無さが浮き彫りになったと仕事中にずーーーーっと考えていた・・・
(仕事しろよ!!w)

 
 
 
 
 
 

いや、、、してますよ?
 
 
 
でも、頭と体は非連動なんですよww
 
  
 
 
 
 
 
PJCでは、演習を何度も行い、何となく戦術っぽく立ち回ったものの
 
具体的に突き詰めは行われなかった。。。。
 
 
 
 
 
 

 
もちろん、戦いに定義は無く臨機応変で、
 
 
そこは各々の判断で補う形が5-2流なのかもしれない。。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
それだけに、考えが噛み合わないときの己の判断による戦闘は、
 
 
 
バラバラで崩されると非常に脆い側面があると気付いた。。。。
 
 
 
 
 
クラメンの何人かはすでに気付いてたかもしれない・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
5-2に戦術はない。。。
 
 
 
 
極論を言うと、各々がバラバラに行動する場面が非常に多い!
 
  
  
 
 
正直、自分もハンパなく単独行動が多い!
 
 
 
しかも、クレリックのくせに!!!!ww
 
 
 
 
 
 
 
 
もし、上を目指すのなら。。。。。
 
戦術をもっと煮詰め、各々の協力が必要と思う!
 
 
 
 
 
 
 
IAはそういう意味では、戦術的な所が優れている場面が多々ある。。。
 
 
 
 
PT単位が非常にまとまっているのが特徴的だ!
 
 
 
 
 
 
特攻を仕掛けるのが、閻鬼さま、ヴァミさま、矢継ぎ早にジェネが来たと思ったら、
 
 
次の瞬間に魔法とデバフで前線が切り崩される。。。
 
 
 
 

 
 
最初にデバッファーが突っ込み、沼やデバフの間から、
 
 
魔法や物理職が飛び込んでくるパターンもある、、、







 
 
 
個人個人の強さや鍛錬、バフを考慮したとして同じ条件でも、
 
今の5-2では勝てないと思う。。。
 
 
 
 


 
幼馴染にテンダーにのらぬこも戦術的な物を持っている、、、、
 


 
 
 
近接職が敵陣とぶち当たる瞬間の連携が大事だと感じる。。。。
 
 


 
 
 
今まで、5-2はそこに全く重点を置いてこなかった、、、
 
 
 
もしくは、置いていたメンバーはいたかもしれないけど、
 
それは伝えられるものではなく、個々の感覚での立ち回りだと思う。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
戦術が全く無かったのだが、固定のメンバーがPTを組んだときの強さがあった。。。
 
 
 
 
 
 

 
ヒナさんがメンバーにいたときだ。。。
 
 
 
 
 
 
 
この間の未開戦でそれは確信に変わった
 
 
 
 
 
 
主観的な考えになるが、5-2がもっとも強く感じたのは
 
 
ヒナさん、凛さん、ガッシュ、BFさん、Fizzさん。。。。
 
 
 


 
 
この5人と組めたときの強さは一つの戦術だった、、、、
 
 
 



 
 
 
自分が魚をやってみて思ったのは、
 
ウォロクの魔法は使いどころが難しい。。。
 
 
 
 



 
ただ無闇に魔法を唱えてればいい、、、
 
 
必中で威力もあるから簡単な職だと思ってたが、これが中々難しい。。><



 
 
 
 
そういう意味ではセンスと経験が必要と痛感している、、
 
 
 
 



 
 
このメンバーと組むと、凛さんが突っ込み、ガッシュとヒナさんがぴったり追随する。。。 
 
 
 
BFさん、Fizzさんも先行型であり、前に進む彼らに遅れまいと追う反面、
 
 
 
全員の戦う位置やガッシュと凛さんとヒナさんの範囲が、
 
 
 
リラにしても回復魔法にしても届きやすい位置にいることが分かる。。。
 
 
 




 
凛さんが放った魔法にさらにヒナさんが浴びせかける、
 
 
BFさんが突っ込み、Fizzさんも間髪入れずに攻撃。。。。
 
 
 



 
特に、取り決めはなかったもののPT単位の攻防が出来ていた、、、



 
 
 
ヒナさんや凛さんは相手から高ダメージを食らう前に、
 
 
相手を崩して、BFさんやFizzさんが切り込んでいく。。。
 



 
 
 
ガッシュはPOT一発でLP5000は回復するし、
 
 
クレの出番はないんじゃないかというくらいの回復量。。。
 
(わしゃー、ヒールとエイド両方唱えても2000回復そこそこじゃけぇのぉーー)
 
 
 
 
 

 
 
 
ヒナさんが抜けた現在、新しい戦術を考え作るべきだと感じる。。

 
 
 
 
 
 
 


この間の未開戦での反省を例に挙げると、
 
全くPT単位での行動が出来てなかった。。。
 
 
 
 


 
凛さん一人がつっこんだものの、ガッシュがそれを追うことで

ウォロクにかけたリラは次々に解除。。。
 
 
 



 
さらに、凛さん一人では敵陣を崩せずあっという間に蒸発、、、
 
 
ヒナさんという高火力とウォロクのセンスや経験で、
 
 
敵を寄せ付けなかったものの、いないだけであっという間にやられてしまう。。
 
 
 
 
 
 


IAと戦ったときは、手も足も出ずに戦線が延びきってPT単位と言えない状態で、
 
 
各人を撃破されて何も出来ない状況だった。。。
 
 
 
 
 
 
連合戦では、ディスタ、アサシン、良いように連合弓矢の餌食となった、、、、
 
 
 
 
 
火力があっても、リラのないウォロクは瞬殺!
 
 
 
 
2PTはあったし、連合と帝国に挟まれる場面もあったが、
 
 
立ち回りに関してはもっと上手くやれたんじゃないかと思う。。。
 
 
 
 
 
 
自分にとっての反省も多い、、、


 
 



 
攻撃力を全く持たないクレが前線に行くと満足に回復すら出来なくなる。。。
 
 


 
 
ノティの粘着が激しく、思うように回復が出来なかったのが自分の一番の反省点だ!
 
 
 


 
 
ブライトを使うが、アサシンやディスタを見つける度に

鈍足をかけようと戦列を離れる浅はかなバカクレリック、、、
 
 



 
 
他のアサシンやディスタが戦列を離れるクレを見逃すはずはない。。。
 
 
 


 
 
 
もっと後ろに構えるべきだと今更ながらに思った、、、
 
(ほんと、今更だよなっ!??)





 
 
 
 
 
先行する人と追行する人の感覚が開きすぎるのも問題だ、、、
 
 
 
今のままだとジェネが2人必要で、先行リラと追行リラが不可欠!



 
 
 

 
 
また、前線で敵陣と当たるとき一人ではなく、
 
 
せいぜい、2~3人が固まって当たり、魔法や弓による攻撃が必要。。
 
 
 
 
さらに、アサシンやディスタによる攻撃の対策が必要だ、、、
 
 
 
 
 
 
 
  
何やら、戦術を突き詰めると軍事的な話しになるが、
 
 
 
おそらく、よくPKに行っていたメンバーは最近の対人に
 
妙な違和感があるんじゃないかと思う。。。
 
 
 
  



 
 
PT内の誰を目標に敵陣とあたるか、、、
 
 
また、突っ込む人は自分以外のメンバーも信用し、
 
 
力を合わせる。。。
 



 
 
 
攻撃力0のクレリックは突っ込まない!!w
 
 
 
 
 



 
死亡による帰還は、全員での行動のために先走りを行わないようにする。。。
 
 
 
 


 
攻撃手段の無いクレリックは最前線に行かない!!w
 
 
 
 
 


 
バフをかけてから、PT単位の行動を起こす。。。
 
 
 
敵陣とあたるときのチームワーク、単体ないし少数での突撃は、
 
やられるだけで後続も軒並み殲滅される、、、、
 





 
 
後続は先行する者から離れないし、
 
先行する者は足香油で先走らないw
 
 



 
 
プロビを定期的に配る!ww
(サルタに比べたら、何て楽でお得!)


 
 
 
 
いつの間にか、ダークコンバットやファントムウォーリアを釣り、
 
攻撃されて死ぬということをしない!ww
 
 
 
 


 
 
クレリックのくせに最前線にて敵の良い的とならない!ww
 




チャスタとか撃たない!ww




 
 
 

 
 
戦う方法は、仕掛ける人や突撃する人が決まっていると、
 
後続で支援する人、回復する人、多重攻撃を行う人も次の行動を仕掛けやすく、
 
新人メンバーにも分かりやすく伝わると思う。。。
 
 


 
 
前線を切り開けば、弓矢、魔法職、支援職は落としやすい、、、
 
 
 


 
そこからの殲滅は容易なだけに、
 
 
前線での相対する瞬間にPT単位で各々の役割を行う。。。。
 
 
 
 
戦術については煮詰めるとして、
 
明日の仕事にでもどの人物、どのキャラが有効かを考えてみることにしよう!
 
(仕事しろよっ!!嫁と一児のパパだろっ!!w) 
 
 
 


 
 
こんなことブログで話すと、クラメンの誰が良い動きで

誰が悪い動きだという話しの展開になりそうだが、
 
 
早い話しが良し悪しではなく、みんなの協調が必要ということだ!
 
 
 
 
 
 
分かりやすく例えると、
 
 


 
エヴァでいうシンジとアスカのユニゾンの話しだ!w
 
 
 
 
 
優秀なアスカはシンジに合わせることはしなかった。。。
 



 
 
 
逆に綾波が完璧なユニゾンを示したくらいだ!
 


 
 
 
分かり易い例えかどうかは、とりあえずエヴァを読め、エヴァを!ww
 


 
 
 

アスカはシンジと協調することを意識し、シンジもアスカに追いつく努力をした。。。
 
 
 
 
 
何が言いたいかというと、嫁と娘のいるせにょが持ち出した例えが、
 
 
エヴァのユニゾンだ!!!ということだw
 
 
 
 
 
 
今のメンバーで、誰一人欠けることなく、

みんなが合わせられる攻防戦や戦術を身に付け、

今後の対人を行っていきたいと切に願う、、、
 
 
 

 
 
  
とりあえず、メンテ終わったらギアをサードにいれっぞ!!w

 
 

コメントの投稿

非公開コメント

ヒナさまと最後に組んで、幾年月が流れました。。。
 
パンドラとは違う空の下、ヒナさまの御武勇を思い浮かべてます。。
 
また、いつか再会出来る日を願ってコメント致します。。

イタさんのサルタが
ほかのどんなクレより好きでした|ョω・`)

イタさんとガッシュさんとりんさんそろったときはPK楽しかったおー
プロフィール

怒るなよ、セニョ~る♪

Author:怒るなよ、セニョ~る♪
「(C)2006-2009 GR・GDH/イズミプロジェクトオンラインゲーム『パンドラサーガ』の画像・テキスト等のすべては株式会社ゴンゾロッソ及び有限会社イズミプロジェクトの著作物であり、著作権その他の権利を侵害する行為は禁止されています」「転載・再配布等の再利用を禁止します」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。